最近主に熱帯魚日記。


by borzoi_w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FLESH&BLOOD 8 (松岡なつき)

 前回、ああ、航海長! (この期に及んで海斗に同情できる?)な終わり方で「ええええ!? ここで切っちゃうの!?」な新たな局面を迎えたF&B最新刊。ついにビセンテに拉致られた海斗の命運はいかに!? スペイン編スタート……ってまだついてないんですが(まんま海の上)。
 よく見たら8巻なんですよ!! そんなにあったっけってぐらい意外な気もしますが、そう、前回お預け食らった(笑)船長受難の新展開。どこまで続くのか、いっそもうしばらく終わらなくていいですが。届いた直後からもうばりばり読みました。←夏場は本屋行かない。

 常ににっくき敵として登場していた(気の毒な人)ビセンテの、気苦労の耐えない航海がスタートです。この「気苦労」については本当に筆舌にしつくし難いものがあり、セニョールあなたも大変ですねなんてレベルでないんですが、そこはそれ、敵ながらあっぱれな男・ビセンテが満載です。忍耐強く、非常に真摯な姿が、だれかさんと違ってぐっと来ますね……!
 ……ていうかビセンテをちゃんと敵として毛嫌いする読者っているんだろうか。
 どう見ても……どーーーー見ても、ジェフリーよかポイント高くないですか、あの人。思えば我らが航海長ナイジェルですら、ジェフリーより上に思えます。仮にも主役に並び立つ栄誉を貰っているジェフリー(船長)が、たとえここ一番でびしりと決める度胸と賢さを持っていたとしても、あれ(船長)でいいのか、海斗? と思わずにいられませんが……こればっかりは仕方ない。
 海斗も最初の頃は頭がいいだけの弱虫ちゃんぽかったけど、いい加減いい感じに度胸がついてきて、侮れない子になりつつあります。
 ともあれ今後のビセンテの奮闘を想像すると、なかなかこれからの展開が楽しみです。
 いや、海斗を拉致られて(主に船長が)大騒ぎなグローリア号の面々の今後の活躍も楽しみですが……どうやら海上で接触することなく、戦いの舞台はスペインに移ることになりそうで、どんなことになるのかな???

 そういえばドラマCD化するそうですね……意外にもそーいえばそんな話なかったのは、やはりBLとしては決定打に欠くよーな話の進み具合のせいなんでしょうか。
 私はドラマCDにはあんまり手が出ないんですけど、これはちょっと聴いてみたいかも。いや、なんか嵐の中の操船とか、そういう場面を音で聴いてみたらどーかなあ、と。

 いやもう、さっさと続きが読みたいです。はい。
 普通に読んでいて面白いんで、ジェフリーのお預け(笑)なんかもうどうでもいいです。
 ともあれ発売が大きくずれ込まなかったことを喜びました。


 じつはこれと一緒にPainterを注文して「一括配送指定」していたので「発売がこれ以上ずれ込むことはなかろうな……」と心配していました。ああ、よかった。
 お絵描きセットアップの前にやっぱり読んじゃいましたね……(笑)。
[PR]
by borzoi_w | 2005-06-30 18:20 | Novels