最近主に熱帯魚日記。


by borzoi_w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ちーちゃんダイブ事件顛末記

 昨日夕方我々の度肝を抜いた我が家のちーちゃんは、只今水槽の流木のてっぺんの水草に首を突っ込んで『葉牡丹』のような姿でおねんね中です。

 ちーちゃんの居候する水槽は、緊急回避策として、水槽の水位を下げました……鬼嫁・羅貫さんの水槽にはワイヤーネットを使用して蓋を拡張しているそうです。

 水から飛び出して床に落っこちたちーちゃん。
 そのときの状況を実際に救助にあたった弟ちゃんにさきほど聞いてみました。
 なんとも笑えるその状況は、続きからどうぞ。





 まず、ちーちゃんが水から飛び出した経緯について。
 水音がしなかったこと、水面近くからでは到底5センチは飛べないことから考慮すると、彼はどうも水底から助走をつけた状態でまっすぐ飛び出したようです。
 そう、ごはんの合図に反応して飛び出してくる時のように!
 もともと身体の力の強い魚ですから、ひれが短いメスちゃんやプラカットのベタちゃんは、本気でダイブ対策が必要らしい。
 視線の先にレッドグラミー・灯二くんがいて、めらっとしたんでしょうかね。

 さて、普通お魚を水から上げてしまうと、ばたばたと大暴れします。
 驚いたのと息苦しいので、身体に傷がつくくらい跳ね回りますよね。
 ちーちゃんはどうだったんだ?
 びたびた暴れていたのかと弟ちゃんに聞いたところ
「いや。おとなしく寝てたよ」
 寝てたあ!?
「俺が拾おうとして触ったら『やめて、なにすんの!』みたいに逃げるし」
 水槽の縁から床までは80センチほど。ちーちゃんは落ちた直後多分衝撃で驚いたのでしょうが……
「困ったな、みたいな雰囲気だったけど、おとなしく寝てたよ」
 剛胆なのかアホなのか。それとも名前(千艸)がいけないのか(笑)。
「まあ、ベタはエラで呼吸しなくてもいいからな。
 体が乾かないかぎりそんなすぐ死なないし。慌てなかったんじゃない?」

 そういえば浮き草の上に顔が水面に出るように乗り上げて居眠りをするという、めんどくさがりなベタさんもいらっしゃるという話を聞いたっけ。
 ちーちゃんは寝ていても呼吸をしに水面に上がってくるほうです……きみ、ラビリンス器官に頼り過ぎ! たまにすごい大慌てで「息が、息がっ!」みたいに水面に上がってきます(笑)。

 というわけで、水槽からダイブしても大変落ち着いていたそうです(笑)。
 いや、ばたばた暴れて傷だらけになられて疲れてお星様になられるよりいいですけどね……発見してすぐ救出できてよかったです。

 ちなみに水から出てても綺麗な色だったと弟ちゃんが申しておりました(笑)。
 うーん…最近ハゲ再発してるんだけどね。
 つーか『シーラ』じゃないんだから、色変わられたら困るよー。
[PR]
by borzoi_w | 2006-07-06 02:54 | 熱帯魚